社長さんお元気ですか  

 
こんな事でお困りではないですか?
 
 
会社経営のお悩みQ&Aはこちら
経営分析をして赤字を絶対に解消したい
 

  帳簿の付け方や会計ソフトの選び方は?
− 未経験の方にも、分かり易くご説明します −
 
1)帳簿の記入方法
私どもがお勧めしている帳簿の記入方法は次の二つです。(現在おつけになっている帳簿がある方は、できる限りそちらを生かしたいと思います)

@ 日記帳方式 一冊のノートで現金出納帳や普通預金出納帳・振替仕訳が記入でき、しかも、領収書も貼れます。
日記帳は私どもの事務所にて販売しております。


A
エクセル方式 現金出納帳と普通預金出納帳・振替仕訳を作成し、領収書はスクラップブックに貼って整理するやり方です。エクセルのフォームは私どもで無償で提供しています。
どちらのやり方も、未経験の方でも分かるように一からご説明しますのでご心配いりませんよ。

 
2)財務の入力方法
さらに、作成した帳簿をもとに月々の試算表(貸借対照表や損益計算書)を作るために財務ソフトへの入力が必要になります。財務の入力方法についても、2つに分かれます。

@ 自計化方式
お客様に財務システムを導入していただき、お客様の方で毎月の試算表まで作成していただくやり方です。私たちはTKCシステムの導入をお勧めしています。TKCシステムは経営者の方たちのいろいろなニーズに対応できる非常にレベルの高いシステムで、かつ、操作が簡単です。
TKCシステムには会社の規模に応じて次のような種類があります。

 
目安は、業種や営業形態によって違うものゝ概ね、
.(年間売上高1~2億円位まで)     (10億円位まで)      (5~6億円位以上)
     

未経験の方にも分かりやすく操作等のご説明を行います。この場合、私どもの担当者が毎月入力内容をチェックし、間違いがあれば正しい科目や仕訳などに訂正していただきます。

A 入力代行方式
お客様が作成した帳簿を基に私どもで入力し試算表を作成するやり方です。この場合、@の時よりも私どもの負担が増えますので、
入力代行料がかかります。詳細については税理士報酬のページをご覧下さい。
いずれの場合も月次処理が済んだら、当期利益や予測税額・損益分岐点売上高(黒字と赤字の境目となる売上高)などを記入した報告書を作成し、現況をご説明します。 

お電話でのお問い合わせは、「ホームページを見た」と仰有って下さい。
     までどうぞ。
    (土日祭日を除く、朝8:30から夜7:00まで受け付けております)

メールの方は、 にてお申し込み下さい。
なお、メールでのご返答は原則として行いませんので、ご相談・ご質問の概要のみ簡単にご記入下さいね。


メールによるお問い合せは
こちらからどうぞ−−−


 
 
 
 

      
         
   いとう会計事務所は江戸川区を中心に新宿線沿線のお客様や、江東区、墨田
  区、台東区、葛飾区、市川市、船橋市などのお客様をご支援しております。