創業資金や運転資金がない どうすればいいの?


                   内装工事業の記入例はこちら(日本政策金融公庫より)

今は、設立費用があれば、わずかな資金しかなくとも誰でも簡単に会社を作れる時代ですが、商売を軌道に乗せるには資本金は多ければ多いほどいいのです。

たとえ売上が発生しても、まず材料や商品を仕入れる資金が必要になります。機械加工や建築工事を行って請求書を書いても、それを回収できるのは翌月か翌々月になります。

外注先への支払いは通常売上代金が回収される前にしなければなりません。ですから、資金的に余裕があればあるほど程、会社経営はスムーズに行うことができるのです。このことは皆様ご存じでしょう。

でも、銀行や信用金庫さんは、会社を設立して一年以上経たないと融資の受付自体取り合ってくれません。一年以上商売をしたという会社の実績がないと信用できないからですね。

そのようなとき、私たちは「日本政策金融公庫」をご紹介いたします。100%借入ができるという保証できませんが、あなた方が直接申し込むよりは与える信用度が高くなることは確かです。それだけの紹介実績があると自負しております。ご紹介はもちろん無料です。

なお、ご紹介は私どものお客様になられる方を対象としております。借入金の返済が終了するまで、ご紹介した私たちにも責任があるからです。

       中小企業基盤整備機構が運営する中小企業・創業予定者とその支援者のためのサイトはこちら




東京駅から27分、新宿駅から21分