顧問契約はどうしてもしなくちゃいけないの?



必ずしも顧問契約を結ぶ必要はありません。現に、国税庁の統計によると、税理士が関与していない申告ションの提出が12~13%あります。1割強の方々がご自分の会社で申告まで行っているのですね。この割合が多いか少ないかは別として、ご自分の会社で申告できるということは素晴らしいことだと思います。                                                           .

● 料金が高いし頼むメリットも思いつかない、     
● 市販されている会計ソフトを購入すれば自分でもできる、
● 簿記の勉強をやったことがあるから大丈夫、     

などという理由で税理士に申告を依頼していないなら、もう一度考え直しても良いのかなと思いますよ。

確かに、税務署の調査官の話によると、一般の方でも驚くようなちゃんとした申告書を提出される会社があるそうです。でも、税務調査が入って慌てゝ私どもに連絡をくださる会社さんも、これまで、年に2社や3社ではないのです。

手遅れにならないうちにぜひ
、会計事務所とご契約を結ぶことをお勧めします。

" 餅は餅屋 "と云いますように、専門家に依頼した方が早いだけでなく、より正確性が高まります。また、その分、ご自分たちの仕事に専念できるのではないでしょうか。

税務署や金融機関からの信頼度も増します。税理士に支払う料金は会社経営に必要な経費だと思うことも必要ですね。

 私どもの料金体系は次の通りです。
 
こちらからご覧ください。(あくまで目安ですよ)

約70%のお客様がいとう会計の事務所にお越しになっています。




東京駅から27分、新宿駅から21分